女性

美容成分を作り出す肌に

化粧水

肌の幹細胞を活性化

基礎化粧品は一般的に、美容成分を肌に与えるために使われています。というのも人の肌では、20代をピークとして美容成分の生成量が減っていくからです。つまり30代頃からは肌の美容成分が減っていき、それに伴って肌が荒れやすくなるということです。それを食い止めるために、多くの人が基礎化粧品で美容成分を補充しているわけです。特に、肌にハリと潤いとを与えるコラーゲンとセラミドが配合されている基礎化粧品には、高い需要があります。その中でも、生コラーゲンやバイオセラミドが配合されているものは、人の肌で作られているものに近い性質をしていることから注目されています。しかしこういった基礎化粧品は、開発に手間隙がかけられている分、価格が高めです。50mlほどの内容量で、1万円以上ということが少なくないのです。しかも、コラーゲン補充用やセラミド補充用といった具合で、分けて購入する必要があります。そのため昨今では、肌での美容成分の生成を促す幹細胞化粧品を使う人が増えています。コラーゲンもセラミドも、肌細胞が作り出しているのですが、肌細胞は幹細胞が生み出します。そして幹細胞化粧品を使用すれば、その幹細胞が活性化しやすくなるのです。つまり幹細胞化粧品は、本物のコラーゲンとセラミドとを増やしていくことができる基礎化粧品と言えるのです。作られたものを与える場合よりも効果が出やすいことから、幹細胞化粧品は関心を寄せられています。しかも、濃度や内容量にもよるのですが、価格は5千円前後が相場となっています。その分コストパフォーマンスが良いということからも、高く評価されています。